まとめ 観光

【観光】アルゼンチン在住者がおすすめのはずさないお手軽なお土産5選

更新日:



こんにちはー
Vacaloca(@vacaloca1219)です。

今回はアルゼンチン旅行のおすすめのお手軽なお土産5つを紹介します。
旅行の時は日本のご家族ご友人のためにお土産を買いますよね。
そんな時にどんなお土産を買ったらいいかわからないし、なるべく費用を抑えたい!!という人のための記事です。

アルゼンチン在住の私もアルゼンチンから日本に何回かお土産を持って帰ったり送ったりした中で好評だったものを紹介します。
アルゼンチンの食べ物は甘すぎたり、食べ方がよくわからなかったりするものもあります。

この記事では

買うだけでいいお手軽で外さないお土産になるものを紹介します。

 

チョコレート

お土産として持って帰りやすいし、嫌いな人も少ない無難なお土産第一位です。

アルゼンチンでの美味しいおすすめのチョコレートは以下の記事にまとめていますのでどうぞ。

お土産に持って帰りたい!!アルゼンチンでのおすすめのチョコレート、アルファホル4選!!

ただチョコレートじゃあどこでも変えるじゃあないかという方には、アルゼンチンならではのチョコレートのお菓子アルファホルをおすすめします。

 

アルファホル

私はアルファホルはアルゼンチン人に愛されるチョコパイみたいなお菓子だといつも言います。

チョコパイに、これまたアルゼンチン人の血肉ドゥルセ・デ・レーチェという煮た練乳をいれた、とっても甘いお菓子です。

アルゼンチンでは子供から大人までこのアルファホルをたくさん食べます。

甘いもの大好きアルゼンチン。アルファホルとドゥルセ・デ・レーチェって?

 

HAVANNAのアルファホル

そのアルファホルの中でもHAVANNAのアルファホルは別格として扱われます。
普通のアルファホルから、ナッツ入り、70%カカオのアルファホルまで種類が豊富なのも特徴です。

一個ずつでも買うことができますので、気になる味があればお試しください。

私はレモン味のアルファホルを買いましたがなかなか美味しかったですよ。

 

HAVANNA以外でも

KIOSCO(コンビニ的なお店)やスーパーでもどこででもこのアルファホルは購入することができますので、時間がない時でもお土産として買いやすいです。

安さだけでいえばJorgitoとというアルファホルが一番安いです。

Tofi、OREO、Milka、Aguila、Terrabusiなどのブランドのチョコレートがスーパーなどで購入できる外さないアルファホルです。

上の画像の白丸で囲んだものがおすすめです。

 

マテ

おすすめするお土産の2つめはマテです。

マテはアルゼンチンやブラジル、パラグアイ、ウルグアイなどで飲まれているお茶です。

シェルバと呼ばれる茶葉にお湯を注いで飲むのがマテです。

苦味がありますが、それがまたいい!

アルゼンチンでマテにハマる人はたくさんいます。

マテにはマテの茶器やボンビーシャというストローなど必要なものが多いですので、本格的なマテをお土産に持って帰るにはかさばります。

マテの詳細は下記のリンクにまとめました。

サンテルモ(San Telmo)の日曜市などでセットまたは単体を購入してお土産として持って帰るのもいいですが、結構荷物の場所をとってしまいます。
サンテルモはマテだけでなくアルゼンチンのお土産を買うのにちょうどいい日曜市があります。
すごく長い市場ですが、足元は石畳のためしっかりとした靴で行くことをおすすめします。

【観光】サンテルモ地区の紹介です。日曜日の骨董市は必見!!【San Telmo】

ただ荷物を圧縮したくない人や、もっと簡単にマテ茶を飲みたい方には

 

Mate Cocidoがおすすめ

通常のマテはシェルバという茶葉をマテという茶器に入れて穴の空いたストローで飲みますが、全部買って荷物を圧縮したりするのが嫌な人にはこちらのMate Cocido(マテ・コシド)がおすすめです。

マテ・コシドは紅茶のようにティーパックタイプのマテなので、専用の茶器やストローがなくてもお湯を注ぐだけで飲めるので、お土産としても渡しやすいです。

普通のマテだと、マテの茶器セットを全部買ってから、淹れ方、飲み方を説明しないといけませんがこのマテ・コシドだとティーパックを渡してお湯にそそいでと伝えるだけなので超楽です。

しかも荷物も圧縮しないのも◎

 

ドゥルセ・デ・レーチェ

ドゥルセ・デ・レーチェ(dulce de leche)は練乳を煮たものです。

アルゼンチンではドーナツ、チュロスや紹介したアルファホルなどの中に入っています。

練乳みたいなものなので御察しの甘さです。

瓶に詰められたドゥルセ・デ・レーチェがお土産屋さんにたくさん置いてあります。

サイズは様々ですが、可愛い瓶に入った甘いドゥルセ・デ・レーチェもお土産としておすすめです

サンテルモの日曜市がある場所にドゥルセ・デ・レーチェの専門店があります。
ここではアルコールがはいったものやぎと羊の乳からつくられたドゥルセ・デ・レーチェもあります。

 

場所


またパレルモとフロリダ通りにもドゥルセ・デ・レーチェの専門店、Dulce de leche & CO.があります。
こちらでも50種類以上のドゥルセ・デ・レーチェを販売しており、またアクセスもしやすいのでおすすめです。

 

ドゥルセ・デ・レーチェの食べ方

ジャムみたいな感じで、果物と一緒に食べてもベネ!
バナナをはじめ、みかんやりんごにもあいます。

食パンやクラッカーにジャム代わりに塗るのもベネ!

アルゼンチンではドゥルセ・デ・レーチェがはいっていないドーナツとチュロスを探すのが大変なぐらい甘いものにはだいたいはいっています。
誕生日ケーキや普通のケーキ、クッキーにもドゥルセ・デ・レーチェがはいっています。
 

お手頃なドゥルセ・デ・レーチェは

スーパーで売っているプラスチック容器に入っているドゥルセ・デ・レーチェです。

こちらはお手頃な価格ですが、飛行機内で押しつぶされて荷物に飛び散る恐れがあるので買う時は値段をとるか、荷物の安全をとるかお好きな方をどうぞ。

 

革製品

牛の人口のほうが人間の数より多いアルゼンチンではアルファホルやドゥルセ・デ・レーチェだけでなく、革製品も盛んです。

私もひとつだけ革のカバンを購入しました。

こちらはアルゼンチンのカバンのメーカーのものです。

なかなかまともなデザインなので私は好きです。

 

通販で購入できる革の女性用のカバンは

下記のリンクにまとめました。

【まとめ】ブエノスアイレスで良い革製品を買える8店舗。

実店舗を持っているお店も多いので実際に見て購入するのもいいですね。
パレルモ(Palermo)闇両替のフロリダ通りなどに革製品のお店はあります。
Jackie Smithは結構ハジけているけどそれがいいということで人気があるみたいです。

チミチュリ

アルゼンチンの香辛料チミチュリ(Chimichuri)もお土産におすすめです。

こちらはアサード(焼肉)や、アルゼンチンのソウルフードチョリパン(ホットドッグ)を食べる時にかける香辛料です。

チミチュリという香草にオリーブや油と混ぜてつくるタレが日本人にとっての醤油みたいな感じです。

サラダにかけて食べたりもします。

アルゼンチンのソウルフード!!チョリパンはやっぱりフードトラックで!!

 

おすすめの理由は

持って帰りやすいし、購入しやすいからです。

チミチュリを買って小さい瓶に詰め直せばおしゃれなお土産に見えなくもないです(貧乏人感)。

後甘くない調味料なので日本人にも受け入れられやすいからです。

お肉の焼肉のタレとかにいれて食べたら美味しいと私の友人は言っていました。

最後に

いかがでしょうか。

ブエノスアイレスでガイドをしているとたくさんの方にお土産のおすすめを聞かれます。

私はいつも今回紹介した5つのものを薦めます。

実際に私が日本に持ち帰ったお土産の一部はこんな感じでした。
左上がアルファホル、左下がドゥルセ・デ・レーチェ。
右にある箱のものと右下のものはマテ・コシド、真ん中の瓶がチミチュリです。
お手軽に、なるべく荷物を圧縮しないように買えばこんな感じです。

特に当たり障りなく採用されるのはやっぱりチョコレートみたいな無難なものですけどね笑

次にマテ・コシドなどのアルゼンチンっぽいものが続きます。
アルゼンチン全体のお土産でなくて、ブエノスアイレスだけのお土産としては私の経験上ボカ地区のカミニートで手作りのマグネットが人気です。
やっぱりカラフルで目につきやすいのとハンドメイドなのがいいんでしょうね。

【観光】タンゴの発祥地でもあり、カラフルな家が可愛いボカ地区にあるカミニートの紹介です。【Caminito】

 

その他のお土産の選択肢として

アルゼンチン産のワインがあります。

メンドーサという州で作られているワインも美味しくて有名ですが、私はお酒を飲まないので実際によくわかりません。

自分が飲んだこともないものを無責任におすすめ!と言うこともできないので今回は外れましたが、きっと有名なのだからおすすめなんでしょう笑

私はワインとかは割れたら嫌なので持ち帰りませんが、好きな人にはたまらないものだと思いますよ。

ガイド情報

ブエノスアイレス市内を1日でまわりきりたい!治安・地理が不安!、日本語のガイドが欲しい!という方のために私Vacalocaがプライベートツアーをさせていただいております。現地在住の日本人で、市内のこともよくわかっておりますので安心して観光できます。
最小2時間30ドルからガイドをしております。

ブエノスアイレスのガイドツアーの提供。現地在住の日本人が、その魅力を余すことなく紹介します!!

この記事が役に立ち、是非vacaloca的アルゼンチン情報まとめを支援したいという方がいらっしゃればこちらの記事を他記事とセットでご購入いただけます。
購入のメリットはPDF形式なので旅行中のオフラインでも読めるのと無駄を省きましたので読みやすくなっております。

PDF販売
Sponsored Link

-まとめ, 観光
-, , ,

Copyright© Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ , 2019 All Rights Reserved.