お土産

アルゼンチンおすすめのお土産まとめ!在住者がおすすめの絶対にはずさないお土産5選

更新日:

 

革製品

牛の人口のほうが人間の数より多いアルゼンチンではアルファホルやドゥルセ・デ・レーチェだけでなく、革製品も盛んです。

私もひとつだけ革のカバンを購入しました。

こちらはアルゼンチンのカバンのメーカーのものです。

なかなかまともなデザインなので私は好きです。

【Tricera Mochila】パレルモでおしゃれなカバンを取り扱っているお店

 

通販で購入できる革の女性用のカバンは

下記のリンクにまとめました。

【まとめ】ブエノスアイレスで良い革製品を買える8店舗。

実店舗を持っているお店も多いので実際に見て購入するのもいいですね。
パレルモ(Palermo)闇両替のフロリダ通りなどに革製品のお店はあります。
Jackie Smithは結構ハジけているけどそれがいいということで人気があるみたいです。

チミチュリ

アルゼンチンの香辛料チミチュリ(Chimichuri)もお土産におすすめです。

こちらはアサード(焼肉)や、アルゼンチンのソウルフードチョリパン(ホットドッグ)を食べる時にかける香辛料です。

チミチュリという香草にオリーブや油と混ぜてつくるタレが日本人にとっての醤油みたいな感じです。

サラダにかけて食べたりもします。

アルゼンチンのソウルフード!!チョリパンはやっぱりフードトラックで!!

 

おすすめの理由は

持って帰りやすいし、購入しやすいからです。

チミチュリを買って小さい瓶に詰め直せばおしゃれなお土産に見えなくもないです(貧乏人感)。

後甘くない調味料なので日本人にも受け入れられやすいからです。

お肉の焼肉のタレとかにいれて食べたら美味しいと私の友人は言っていました。

最後に

いかがでしょうか。

ブエノスアイレスでガイドをしているとたくさんの方にお土産のおすすめを聞かれます。

私はいつも今回紹介した5つのものを薦めます。

実際に私が日本に持ち帰ったお土産の一部はこんな感じでした。
左上がアルファホル、左下がドゥルセ・デ・レーチェ。
右にある箱のものと右下のものはマテ・コシド、真ん中の瓶がチミチュリです。
お手軽に、なるべく荷物を圧縮しないように買えばこんな感じです。

特に当たり障りなく採用されるのはやっぱりチョコレートみたいな無難なものですけどね笑

次にマテ・コシドなどのアルゼンチンっぽいものが続きます。
アルゼンチン全体のお土産でなくて、ブエノスアイレスだけのお土産としては私の経験上ボカ地区のカミニートで手作りのマグネットが人気です。
やっぱりカラフルで目につきやすいのとハンドメイドなのがいいんでしょうね。

【観光】タンゴの発祥地でもあり、カラフルな家が可愛いボカ地区にあるカミニートの紹介です。【Caminito】

 

その他のお土産の選択肢として

アルゼンチン産のワインがあります。

メンドーサという州で作られているワインも美味しくて有名ですが、私はお酒を飲まないので実際によくわかりません。

自分が飲んだこともないものを無責任におすすめ!と言うこともできないので今回は外れましたが、きっと有名なのだからおすすめなんでしょう笑

私はワインとかは割れたら嫌なので持ち帰りませんが、好きな人にはたまらないものだと思いますよ。

また事前に私Vacalocaがお土産セットをご用意もしておりますので、お土産を購入する時間がない、手間を省きたいという方はご連絡ください。
お土産セットについての詳細は下記のリンクにまとめました。

ガイド情報

ブエノスアイレス市内を1日でまわりきりたい!治安・地理が不安!、日本語のガイドが欲しい!という方のために私Vacalocaがプライベートツアーをさせていただいております。現地在住の日本人で、市内のこともよくわかっておりますので安心して観光できます。
最小2時間30ドルからガイドをしております。

ブエノスアイレスのガイドツアーの提供。アルゼンチン在住の日本人が、その魅力を余すことなく紹介します!!

ブエノスアイレス市内の観光ガイドまたはディナーガイドをご利用いただいた方にはお土産セットの10ドル引きもしておりますのでぜひご検討ください。

この記事が役に立ち、是非vacaloca的アルゼンチン情報まとめを支援したいという方がいらっしゃればこちらの記事を他記事とセットでご購入いただけます。
購入のメリットはPDF形式なので旅行中のオフラインでも読めるのと無駄を省きましたので読みやすくなっております。

PDF販売

-お土産
-, , ,

Copyright© Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ , 2020 All Rights Reserved.