事件例 治安

【治安】偽札すり替え被害の発生。在アルゼンチン大使館からのお知らせです。【邦人被害】

更新日:

2019年10月24日に邦人被害を知らせるメールを在アルゼンチン大使館から送られてきました。

当サイトでも注意喚起の意味を込めて、掲載します。

1 日 時
 10月中旬

2 場 所
 ブエノスアイレス市内のタクシー等

3 概 要
 当地在住の邦人が,ブエノス市内においてタクシーを利用し,精算をしようと,運転手に500ペソ紙幣を渡したところ,運転手から偽札と指摘されて返却された。改めて別の紙幣を差し出したところ,再び同様に指摘され返却されたもの。この間,運転手に不審な動き等は確認されず,また,被害者が所持していた紙幣は,銀行のキャッシュディスペンサーから直接引き出したものであり,その時点で偽札である可能性はほぼない。

4 被害金額
 1,000ペソ(500ペソ札2枚)

5 参考事項
(1) 当国における偽札の被害は昔からあるところですが,多くは闇の両替所での換金の際に,本物の紙幣に混じって偽札を渡される,又は,タクシーでの支払いの際にすり替えられる等の被害報告があります。今回の事案もタクシー運転手によるものと推察されますが,被害者が全く気づかない巧妙な手口であった可能性があります。
(2) アルゼンチン国内法では,「通貨を偽造し流通させた場合,3年から15年」,「通貨の変造を行った場合,1年から5年」の禁固又は懲役刑,「偽造紙幣と知りながら使用した場合は,1,000から15,000ペソの罰金」等と規定されております。
 また,偽造又は変造の外国紙幣(貨幣)を「日本国内へ輸入」,「使用」等した場合は,日本の法律により処罰されます。
(3) 当地中央銀行が周知している「真紙幣と偽紙幣の見分け方」は以下のリンクのとおりですのでご活用ください(説明は西語です。リンク先それぞれの紙幣額から動画の紹介にリンクされます)。
 http://www.bcra.gov.ar/BCRAyVos/Preg-Frec-como-reconozco-un-billete-falso.asp 

6 つきましては,アルゼンチンに渡航・滞在される方は,アルゼンチン国内にて「偽造紙幣が流通している」ことにご注意下さい。万が一,偽造又は変造と思われる紙幣(貨幣)を入手した場合は絶対に使用せず,速やかに最寄りの警察署に相談して下さい。

【問い合わせ先】
在アルゼンチン日本国大使館 領事班
Bouchard 547, Piso 17, C1106ABG - Buenos Aires, Rep. Argentina
 電話 (54-11) 4318-8220 FAX (54-11) 4318-8231
 メール conbsas@bn.mofa.go.jp

海外に旅行、短期・長期の滞在をされる方はたびレジの登録をして、現地の治安情報を確認することをおすすめします。

Vacaloca
Gもそう言ってるし!

「たびレジ」の登録は済んでいるのか・・・・。海外旅行を安全に済ませるためのGマニュアルをしっかりと叩き込んでやろう

海外保険

また海外保険が付帯されているクレジットカードを所有することで万が一に備えることも大事です。

海外旅行に必須のカード。保険がわりにもなる、出国前に発行しておくべきクレジットカード・デビッドカードの紹介です。

当サイトでも

当サイトでも治安情報についてまとめた記事を書いておりますので、旅行の前にぜひ読んでいただきたいです。


【治安】渡航前に確かめたいアルゼンチン/ブエノスアイレスで気をつけたい防犯のこと。

防犯グッズおすすめまとめ。海外旅行に必須の防犯グッズ9選。

海外旅行に必須のカード。保険がわりにもなる、出国前に発行しておくべきクレジットカード・デビッドカードの紹介です。

ガイド情報

ブエノスアイレス市内を1日でまわりきりたい!治安・地理が不安!、日本語のガイドが欲しい!という方のために私Vacalocaがプライベートツアーをさせていただいております。現地在住の日本人で、市内のこともよくわかっておりますので安心して観光できます。
最小2時間30ドルからガイドをしております。

ブエノスアイレスのガイドツアーの提供。アルゼンチン在住の日本人が、その魅力を余すことなく紹介します!!

 

Sponsored Link

-事件例, 治安

Copyright© Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ , 2020 All Rights Reserved.