事件例 治安

【治安】首締め強盗事件の発生。在アルゼンチン大使館からのお知らせです。【邦人被害】

投稿日:

2020年1月18日に邦人被害を知らせるメールを在アルゼンチン大使館から送られてきました。

当サイトでも注意喚起の意味を込めて、掲載します。

1 日 時
2月17日(月)午後5時50分頃。

2 場 所
ブエノスアイレス市レティーロ地区のスラム街,ビジャ31内の路上。

3 概 要
当地を観光で訪れていた男性が,youtubeの動画を撮影するために,ブエノスアイレス市レティーロ地区北側のスラム街,ビジャ31に向かった。レティーロ駅前にて,現地の女性が案内をしてくれるというので付いて行ったところ,路地に連れ込まれ,突然後ろから何者かに首を絞められた上,正面から現れた男性に携行していた肩掛けバックを強奪された。案内をした女性を含む強盗犯はそのまま逃走した。

4 被害品
バック,旅券,財布,現金,航空券,クレジットカード数枚,カメラ等。

5 防犯対策
(1)スラム街(ビジャ)には近づかない。
(2)外出の際は貴重品を必要最小限にするとともに,身分証明書,クレジットカード等は一つにまとめて持ち歩かない。
(3)強盗に襲われた際は,叫んだりせずに落ち着いて行動し,決して抵抗しない。

6 スラム街(ビジャ31)の治安情勢
ブエノスアイレス市のレティーロ駅北側には,ブエノスアイレス市北部最大で,警察であっても近づくことを避けるスラム街(ビジャ31)が広がっています。
市警察が発表しているところによると,昨年,市内では100件の殺人事件が発生しましたが,その内の14件が同地区内で発生しており,また,近年,市全体では強盗,窃盗犯罪が減少傾向にありますが,ビジャ31があるレティーロ地区等では増加傾向にありますので,犯罪に巻き込まれる危険があるため,ビジャには不用意に近づかないようにするとともに,やむを得ずビジャ周辺に外出する際は犯罪集団に狙われないように十分ご注意ください。                以上

邦人が被害に遭ったとの情報に接した場合には,大使館にご一報ください。
このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
【問い合わせ先】
在アルゼンチン日本国大使館 領事班
Bouchard 547, Piso 17, C1106ABG - Buenos Aires, Rep. Argentina
電話 (54-11) 4318-8220 FAX (54-11) 4318-8231
メール conbsas@bn.mofa.go.jp

海外に旅行、短期・長期の滞在をされる方はたびレジの登録をして、現地の治安情報を確認することをおすすめします。

Vacaloca
Gもそう言ってるし!

「たびレジ」の登録は済んでいるのか・・・・。海外旅行を安全に済ませるためのGマニュアルをしっかりと叩き込んでやろう

海外保険

また海外保険が付帯されているクレジットカードを所有することで万が一に備えることも大事です。

海外旅行に必須のカード。保険がわりにもなる、出国前に発行しておくべきクレジットカード・デビッドカードの紹介です。

当サイトでも

当サイトでも治安情報についてまとめた記事を書いておりますので、旅行の前にぜひ読んでいただきたいです。


【治安】渡航前に確かめたいアルゼンチン/ブエノスアイレスで気をつけたい防犯のこと。

防犯グッズおすすめまとめ。海外旅行に必須の防犯グッズ9選。

海外旅行に必須のカード。保険がわりにもなる、出国前に発行しておくべきクレジットカード・デビッドカードの紹介です。

ガイド情報

ブエノスアイレス市内を1日でまわりきりたい!治安・地理が不安!、日本語のガイドが欲しい!という方のために私Vacalocaがプライベートツアーをさせていただいております。現地在住の日本人で、市内のこともよくわかっておりますので安心して観光できます。
最小2時間30ドルからガイドをしております。

ブエノスアイレスのガイドツアーの提供。アルゼンチン在住の日本人が、その魅力を余すことなく紹介します!!

 

Sponsored Link

-事件例, 治安

Copyright© Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ , 2020 All Rights Reserved.