治安

【治安】ブエノスアイレス市パレルモ地区における銃器を用いた強盗事案の発生。在アルゼンチン大使館からのお知らせです。【邦人被害】

更新日:

Vacaloca
こんにちはー。2016年からアルゼンチン在住のvacaloca(@vacaloca1219)です。

2022年8月12日に拳銃強盗を知らせるメールが在アルゼンチン大使館から送られてきました。

当サイトでも注意喚起の意味を込めて掲載します。

1 概要
(1)日時
 2022年8月11日午後6時30分頃

(2)場所
 ブエノスアイレス市パレルモ地区テオドロ・ガルシア通りとビジャ・ヌエバ通りの交差点付近

(3)被害品
 携帯電話、現金

(4)犯人
 自転車に乗った若い男性(特徴:風体が悪い。見るからに現場付近の住民ではない様子)

(5)状況
 被害者が、単独で徒歩にて帰宅途中、上記地点にて犯人が現れ、被害者に拳銃を突き付け、現金と財布を要求してきた。被害者は、財布と携帯電話が入っているズボンのポケットを指差したところ、犯人はそれらを強奪し、再度自転車に乗って逃走した。

2 防犯対策
(1)拳銃等の銃器で脅された場合は、抵抗せずに大人しく犯人の要求に従ってください。この際、自らポケットに手を入れて取り出そうとすると、抵抗する気があると誤解されて危害を加えられる恐れがあることから、今回のケースにおける被害者のように、要求された金品等の収納場所を指で示して、犯人に取り出させるようにしてください。
(2)なお、これら強盗犯は、人目に付くことを避け、犯行に時間がかかることを嫌うため、所望の金品等を奪ったら速やかに逃走することが多い傾向にあります。したがって、いわゆる「見せ金」や「見せ携帯」を用意しておくのも一つの対策です。
(3)昨年、ベルグラーノ地区において、単独で登下校中の中高生を狙った拳銃を用いた強盗事件が多発しましたが、犯人は比較的弱いターゲットとして中高生を狙う傾向があります。中高生といえども、努めて単独で登下校させず、友人と行動を共にさせるか、親族が送迎することが望ましいと言えます。

3 外務省海外安全ホームページのご案内
 外務省海外安全ホームページ(リンク下)では、アルゼンチン特有の犯罪様態に対応した防犯対策情報など掲載しておりますのでご確認ください。
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo_241.html#ad-image-0
 また、邦人が被害に遭ったとの情報に接した場合は、大使館にご一報ください。

【問い合わせ先】
在アルゼンチン大使館領事班
電話:011-4318-8220
メール:conbsas@bn.mofa.go.jp

海外に旅行、短期・長期の滞在をされる方はたびレジの登録をして、現地の治安情報を確認することをおすすめします。

海外保険

また海外保険が付帯されているクレジットカードを所有することで万が一に備えることも大事です。

海外旅行に必須のカード。保険がわりにもなる、出国前に発行しておくべきクレジットカード・デビッドカードの紹介です。

当サイトでも

当サイトでも治安情報についてまとめた記事を書いておりますので、旅行の前にぜひ読んでいただきたいです。

ガイド情報

ブエノスアイレス市内を1日でまわりきりたい!治安・地理が不安!、日本語のガイドが欲しい!という方のために私Vacalocaがプライベートツアーをさせていただいております。現地在住の日本人で、市内のこともよくわかっておりますので安心して観光できます。
最小2時間30ドルからガイドをしております。

vacalocaに観光ガイド問合せ

ブエノスアイレス観光ガイド | 日本語プライベートツアーで安心・安全に旅を満喫しましょう!!

-治安

Copyright© Vacaloca的アルゼンチン情報まとめ , 2022 All Rights Reserved.